投資のご案内

GAIN LIFE / 投資のご案内 マンション経営で利得生活

節税対策としてのマンション経営

会社員の方々で必要経費を計上する事ができれば、納める税金は軽減します。マンション経営は数少ない節税手段のうちの一つです。

マンションを経営する上での税金、ローン金利、管理費、修繕費、減価償却費など帳簿上の赤字は必要経費として認められており、所得税法69条損益通算により、所得税の還付、住民税の軽減が可能です。

※節税金額は、収入や扶養人数などにより異なりますので、ご相談ください。

終身保険としてマンション経営を活用

マンション経営は、ご自身が金融機関からの融資を受け(ローンを組む)、マンションを購入し、それを人に貸します。

そのローンの返済のほとんどは、家賃収入で返すことができるので、他人が自分のローンを返してくれているようなものです。

家賃収入とローン返済額とのわずかな差額で支払いができ、ローン完済後は、家賃収入が(今まで返済にあてていた分も)そのまま毎月の収入となります。

少ない自己資金で着実に、効率よく資産を形成することが可能です。

商品名 予想利回り 2000万円を預けた
時の年間利率収入
特徴
普通預金(全国平均) 0.001% 200円 多くの人が扱う金融商品。元本の確保が重視され、安全性が高いが利子が少ない。定期預金は期間が定められ途中解約すると利率が低くなる。
スーパー定期300(全国平均/1年) 0.017% 3,400円
外貨普通預金(米国ドル/税引前) 0.3% 60,000円 円を外国のお金(ドルやユーロなど)に両替して銀行に預金をすること。日本の預金に比べると高金利である場合が多いが為替リスクがあり、また手数料もかかる。
外貨普通預金(ユーロ/税引前) 0.001% 2,00円
個人向け国債(固定5年/税引前) 0.05% 10,000円 国が発行する債権を個人投資家に買い易くしたもの。満期前に解約しても元本割れはないが、金利は低い。
マンション経営 3%~5% 60万円~100万円 金融機関が融資してくれる場合が多いから、少ない自己資金で投資できる。急激な経済状況の変動に強い。

相続や贈与の際に現金や預貯金は額面の金額が課税対象となります

一方不動産は、評価額が課税対象で、税金面ではとても優遇されていますので、節税しながら不動産という資産を贈ったり遺したりすることが可能になります。